サイトマップ お問い合わせ
HOME > ものづくり日本大賞について > ものづくり日本大賞

ものづくり日本大賞

左から「辻俊宏MG」、「河合達也執行役員」、「浅野雅己社長」    
       「茂木敏充経済産業大臣」「浅野真美専務」「竹森剛副工場長」


エアーかおるに採用している「特殊撚糸工法」が、第5回ものづくり日本大賞【伝統技術の応用部門】において、「経済産業大臣賞」を受賞しました。いわば、国のお墨付きタオルです。

表彰日: 平成25年9月19日

● なぜ、エアーかおるが受賞されたのか!?

◆元撚りの紡績糸と水溶性糸を合わせ逆方向へ2倍撚り、水溶性糸を溶解させ、逆撚りが元撚り方向に戻ろうとする反動により、多量の空隙を生じさせて膨らませる全く新しい特殊撚糸工法を開発、成功させました。
◆この特殊撚糸を用い、やわらかさ、肌触りの良さ、ボリューム感、軽量の高感性をもち、吸水性、速乾性に優れ、毛羽落ちの少ないブランドタオル「エアーかおる」の市場化に成功しました。「エアーかおる」は、累計販売枚数180万枚の大ヒット商品となりました。
◆従来技術・工法では得られなかった新しい繊維素材の実現とブランドメーカーとしての下請け脱却のビジネスモデルを確立させました。

● ものづくり日本大賞とは

内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。

関連リンク